還暦を迎えた芸能人は?

還暦を迎えた芸能人は、大地真央、桑田佳祐、長淵剛など、まだまだ若くて意外だと思われる人たちばかりです。この3人は、「今年還暦と知って驚く有名人ランキング」2017年版で1位から3位にランクインしているメンバーです。大地真央は、見た目も美しく、とても60歳を迎えたとは思えないような肌つやで、3人とも現役でバリバリ仕事をこなしているというイメージしかありません。桑田佳祐もがんを乗り越えて勢力的に活躍していますし、長淵剛は還暦とは思えないくらいエネルギッシュです。

では、来年還暦を迎える芸能人はどんな人たちがいるのでしょうか。1957年生まれの芸能人は来年60歳を迎えます。

まず、筆者が驚いたのは、女優の大竹しのぶです。大竹しのぶは、1957年7月17日に東京で生まれ、舞台・映画・ドラマ・CMと大活躍しています。明石家さんまの元妻としても有名ですが、来年還暦を迎えるのですね。ディープクリーンのCMのイメージが最近強いので、年をとったなという印象はありますが、まだまだ現役で輝いています。

そのほかにも声優の戸田恵子も来年60歳を迎えます。アンパンマンの声でおなじみで、ベテラン声優というイメージが強いですね。女優としても大活躍していて、CMや映画などでもよく見かけます。そんな戸田恵子は、1957年9月12に愛知県で生まれたそうです。マルチな才能の持ち主であり、親しみやすいキャラクターや声で人気があります。いつまでも元気と勇気をお茶の間に届けてほしいですね。

そして、もと宮崎県知事の東国原英夫も来年還暦を迎えます。 1957年9月16日に宮崎県に生まれたそうです。「そのまんま東」という芸名でお笑い芸人としても活躍し、作家活動や政治活動などや方面での活躍が目覚ましい印象のある芸能人ですよね。

意外と身近な芸能人が、どんどん還暦を迎えています。そして来年還暦を迎える芸能人は、マルチな才能をもち、多方面で活躍している人が多いような気がします。これからも元気で勢力的に頑張ってほしいですね。

還暦の旅行でパイプオルガンを聞きに行こう

還暦とは日本の長寿のお祝いの一つです。数え年、満年齢など昔と現在で年齢の数え方に違いがありますが、現在では60歳を迎えたらお祝いするというのが一般的となっています。

家族や身近な人が還暦を迎えるならば、その日は特別なお祝いをしてあげたいという方が多いでしょう。

現代では60歳はまだまだ元気で現役と言える方も多いですが、やはり長寿と言える年齢になったのですから感謝の気持ちを是非伝えてあげたいものです。気持ちの表し方と言うと、何か贈り物をすると言うのが一般的です。

赤いちゃんちゃんこと頭巾という伝統に則ったものだけでなく、現代ではいろいろな品物の選択肢があります。また、品物だけでなく旅行など形に残るものではないけど記念や思い出に残る物を贈るというのも良い方法です。

還暦の旅行と言うと、年相応にしっとりとゆったりとした時間を楽しむことのできるプランを立てるのが最適でしょう。そこでおすすめしたいのがパイプオルガンを聞くという旅行プランです。

パイプオルガンの出す荘厳な音色を聞くと、なんとなく心が浄化されるような気持になることでしょう。そしてそれはこれからの人生も穏やかに健やかに暮らしていこうという前向きな人生観へと繋がっていくのではないでしょうか。パイプオルガンを聞くことが出来るのは教会や聖堂などが一般的です。

その場所に踏み入れるだけでも、いつもの気持ちとは違った非日常を経験することにもなって、楽しみの一つとなり得るでしょう。パイプオルガンの音色を聞くことが出来る場所は、国内にもありますし、もちろん海外へ行けばもっとスケール感の大きい体験をすることが出来ます。

思い切って海外へと飛び出していくのも良いかもしれません。還暦は長寿のお祝いです。これまで無事に生きてきてくれたという感謝の気持ち、そしてこれからも長く健やかに暮らしていってほしいという希望を込めて、特別な一日になるような旅行を贈ってあげましょう。

初心者でも大丈夫!還暦の人でもできる耳コピー

60歳の高齢のお祝いとして還暦を迎える方が身近に存在している場合では、人生で特別なお祝い事として何かしらのプレゼントを贈ることを考えることがおすすめです。

普通の誕生日とは異なり、還暦の場合では家族揃って盛大に行うことが世間一般で行われているように、特別な心を持ってプレゼント選びを行うことが良い手段になります。

現在では幸いにして非常に便利な時代になっており、インターネットを使った場合では、還暦に相応しいプレゼントを比較的簡単に見つけることができ、通信販売としてそのまま購入できるサイトなども探すことができます。

有名なアイテムの場合では、やはり名入れ商品などがあり、食器やお酒、プリザーブドフラワーなどは非常に人気のあるプレゼントとして知られています。

一方で、還暦を迎える方が楽器を始める方法もあり、老後の趣味の一つとして十分に活用できるものが存在しています。楽器の場合では楽譜を読めることが前提になりますが、いわゆる耳コピーでも十分に初心者でも大丈夫な楽器があります。

代表的なものでは、シンセサイザーやキーボードなどを挙げることができ、電子鍵盤楽器として知られているように、電源さえあればどこでも演奏することができます。

鍵盤楽器の場合では耳コピーでも直ぐに演奏しやすい環境にあり、たとえ間違ってしまっても、正確な鍵盤を直ぐに見つけることができるので、初心者でも始めやすい楽器として挙げることができます。

最初は右手のみで演奏を行う方法が相応しいことになり、右手で楽曲の主旋律を演奏する方法で、徐々に慣れが出てくることになります。右手を自由に使うことができるようになった方の場合では、次の段階として左手を使って演奏することもでき、音の範囲が広がることになり、重厚感のある演奏を行うことができます。

シンセサイザーやキーボードの場合では室内でも比較的邪魔にならない存在になり、ヘッドフォンも使える環境にあるので、還暦から始める楽器としても非常に向いています。

70歳を祝う古希祝いと古希の祝い方

「古希」とは長寿のお祝いのひとつであり、70歳で行なわれます。
古希の由来は中国の唐の時代に生きた詩人、杜甫がつくった詩の一節にある「人生七十古来稀なり」からだといわれています。

還暦祝いの次に行なわれる古希祝いは本来なら数え年で祝うものですが、現在では満年齢で祝うことが多いです。理由は現代の文化による影響が大きいからですが、長寿のお祝いは特に決まった日に行なわれると定められていないので問題はありません。還暦よりも本格的に祝うべきだと考えられているせいか、誕生日や敬老の日など人が集まりやすい日に選ばれるのが一般的です。
そんな古希の祝い方はそれぞれで異なりますが、大まかに分けると4つに分類できます。

1つ目の祝い方は自宅で御馳走をつくって祝うこと。
メリットは単純で、身内のお祝いを落ち着いて感じられることです。他人が介入しては気遣う必要がありますが、この場合はその心配は無用です。

2つ目の祝い方はレストランといった場所を会場にして食事会を楽しむこと。
この祝い方のメリットは特別な料理をつくる手間が省けることです。また個室を予約したり貸し切りの状態にすれば、先述した1つ目の祝い方のように楽しい雰囲気を堪能できます。しかし祝い方は食事ばかりではありません。

3つ目の祝い方は温泉旅館など遠方へ出かけること。つまり旅行です。
このメリットには特別な食事ができることも含まれていますが、最大のメリットは思い出作りです。特に70歳の人にとって子供や孫をともなった旅行は好評であるため、旅館によっては古希祝いのためのプランを用意しているところもあります。

そして4つ目の祝い方はプレゼントです。
今までの祝い方と比較するとシンプルですが、古希祝いのプレゼントとなればその種類は充実しています。
紫色のグラスや衣服、オーダメイドの詩が書かれたイラスト、名前入りの茶碗や湯呑み、カタログギフトなど様々です。なお紫色は古希のシンボルカラーなので、プレゼントのカラーでよく選ばれています。

70歳古希の古希祝いはできるだけ大勢の人で

70歳になると古希といい、古希祝いをするのがならわしですが、中国の唐の時代に有名な詩人杜甫が、「人生七十古来稀なり」と言ったことから名付けられたと言われています。人間はいつまでも生きていられるわけでなく、七十という歳を迎えられるのは稀(まれ)であるという意味です。

今は、男性でも80歳、女性は87歳を超える平均寿命となっていますから、70歳を迎える人は珍しくありません。しかし、その前に長寿のお祝いは60歳の還暦で、このときは定年退職という時期と重なりますが、それ以降も雇用延長とか再雇用という制度によって元気に働いている人も多いので、世間的には長寿のお祝いとしては、このときが最も本格的なお祝いになりつつあります。

ということからすると、いつもの誕生日祝いのように、何か贈り物を見繕ってお送りする、あるいはお届けするというよりも、一番のおすすめは、関係する人たちができるだけ大勢揃って、顔を合わせて会食しながら、お祝いするということになります。

親御さんがご存命であれば然りですし、兄弟姉妹の夫婦・子供・孫連れで、子供たちも夫婦・孫連れでという具合に、たくさんの人がどんなに忙しくても顔を出すというのが最高のものとなります。

ご家庭によっては、様々なご事情もあるでしょうが、70歳というお歳を考えれば、関係する人たちとも日頃はご無沙汰になっているはずです。お正月やお盆であっても、みんなが一堂に会するような機会も少ないでしょう。

だからこそ、長寿のお祝いは、節目のものとして大切にしたいものなのです。
それぞれが気持ちを込めたプレゼントなどを用意し、しきたりで言われる紫色を基調とすることなども意識し、半日くらいのゆったりした時間を設定し、持ち寄った料理やお庭でのバーベキューなどをつまみながら、話に花を咲かせ、これからのさらなる健康を祈り、いい人生を進んで行くことをみんなで祈念したいものです。

何よりも皆の顔を見ることができ、声をかけ、また声を掛けてもらえるのが、ご本人にとっては、最も嬉しいことであり、それが次に来る長寿の祝い77歳喜寿までへのエネルギーにもなるからです。

70歳の古希に贈る古希祝いを検討しよう

今の日本は長寿社会になっています。人生は80年といわれるくらい、長生きをすることができるようになっているのです。日本でこれだけ高齢化が進んでいる背景には、病気を治す技術が進歩したことや国民の栄養状態がよくなったことなどを挙げることができるでしょう。60歳で退職をしてからの時間も長く、自分の好きなことに取り組んだりする姿を見ることができるのです。

そういった長寿というのはお祝い事として、家族や周りの人に祝ってもらうことができたりするものなのですが、60歳になったときには還暦として、70歳になったときとしては古希、そして77歳になったときでは喜寿、そして88歳になったときでは米寿などといわれます。それぞれのお祝いの際には取り巻く人々が感謝の気持ちと健康の願いをこめて、食事会をしてくれたり、贈り物を贈ってくれたりするので、本人も嬉しいものです。

古希祝いとしては、紫のものを身に着けるといいといわれるために、紫色の品物を用意したりすることがあります。これは還暦の赤いものと同じような感覚です。古希で贈るものとしてはオリジナルの商品を作ってもらって贈るということをする人が増えています。例えば、本人の名前の入ったラベルのお酒にしたり、湯飲みや茶碗などの器を特別に注文をしたりして用意することもあります。

最近ではインターネットでそれほどお金をかけなくてもそういったオリジナルの商品を作ってもらうことができるようになっています。ですから、とても気軽に贈ることができるのです。

また、思い出を作ってもらうためにも海外旅行をプレゼントしたり、温泉旅行なども家族みんなで行くように手配をしたり、贈り方や予算などもさまざまになります。ですから、その人の好みによってもどういったものを贈るようにするのがいいのかを検討してみるといいでしょう。

いつまでも長生きをしてもらいたいという気持ちをまわりのみんなで表していきましょう。

70歳の古希のお祝いの贈り物に良いものは

世界には、各国の歴史の中で人生の節目にお祝いをする行事が、いくつか用意されていることが多くあります。日本においても七五三や成人のお祝い、還暦のお祝いなど、節目によってそれぞれの意味を持たせ、お祝いすることが伝統的に行われてきました。その伝統は今でも残り、家族や周囲の親しい関係からお祝いされています。

しかし、還暦まではお祝いされることが多いものの、70歳を迎える古希からの長寿のお祝いは、場合によっては行われないこともあります。しかし、人生の中でそうたくさんこのようなチャンスがあるわけでもないのですから、ぜひ身内や周囲の方たちは、盛大にお祝いをしたいところです。

ところが、70歳ともなると何を贈れば喜ばれるものなのか、なかなか見当がつかないことが多くあります。そのようなときは、どのようなものが良く贈られているのかを知ると、良いヒントになります。

古希のお祝いで最近人気のある贈り物に、オリジナルの似顔絵を入れた時計などがあります。似顔絵だけではなく、メッセージも添えられるのが特徴です。ポイントになるのは、単なる似顔絵やメッセージではなく、日常的に使用したり、目についたりするものであることです。そのことでいつも存在を意識してもらえ、思いが伝わることになるからです。実際のところ、何を贈れば良いかという決まりはありません。重要なのは、思いがこもっていることです。

また、赤色のちゃんちゃんこを還暦のお祝いに着ることは有名ですが、長寿のお祝いにはそれぞれに相応した色があります。古希では紺や紫がそれに当たりますので、もしも余裕があれば、取り入れるのも良いでしょう。贈り物によって難しい場合は、包装やリボンなどに使用しても良いでしょう。

色々と考えたり調べたりしても、どうしても良いものが決まらない場合は、カタログギフトを利用することも良い手段です。そこに今までの感謝や長寿のお祝いの言葉を添えるだけで、充分に喜んでもらえるでしょう。

誕生日プレゼントで女性に喜ばれたお花

誕生日を迎えた人に贈り物をする事になると、どのような物が喜ばれるか分からず困ってしまうという人が多いです。特に女性に誕生日プレゼントを贈る際は、細かい部分にまでこだわっておく必要があるため、簡単に選ぶ事ができません。誕生日プレゼントを贈った経験があまりなく、どのような物を贈ったら良いか分からないという人にお勧めなのがお花です。

以前から、女性へのプレゼントとして人気を集めていたお花の人気は現在でも衰えていません。誕生日プレゼントとして喜ばれたお花とはどのような物なのかという事を知って、相手に喜んでもらえるプレゼントを贈りましょう。女性への誕生日プレゼントとして喜ばれたお花の中で、最も多くの人が喜んだのが女性をほめる花言葉を持つお花です。

お花には種類や色によって異なる花言葉があります。お花を贈るという事を考えると、華やかで可愛らしいお花を贈ると考える人が多いですが、華やかで可愛らしいお花がほめる花言葉を持っているとは限りません。

中には、嫌な印象を与えてしまう花言葉を持つお花もあるので、見た目だけにとらわれず花言葉にも着目して選ぶ必要があります。可愛らしさや優雅な姿、淑やかさを表す花言葉を持つお花は、特に喜んでもらう事ができるので花束を作る際にはこのような花言葉を持つお花を選ぶようにしましょう。

花言葉について詳しくないという人は、生花店のスタッフに相談する事で女性への誕生日プレゼントに最適な花言葉をもつお花を探してくれるので、積極的に相談してみましょう。

その他には花弁にメッセージを刻印したお花も人気です。選んだお花に好きなメッセージを刻印する事ができる生花店が増えてきています。普通のお花を贈るだけではなく、メッセージを刻印する事でより誕生日プレゼントに相応しい贈り物になるので利用してみましょう。

女性への誕生日プレゼント選びはとても難しいですが、どのような物が喜ばれるのか知っておくだけで選びやすくなります。お祝いの気持ちを伝える為にお花を贈る事も考えてみましょう。

気持ちのこもった母親への誕生日プレゼントとは

毎日、家族の生活を支えてくれている母親の誕生日にプレゼントを贈っている人が多いです。日頃伝える事ができない感謝の気持ちを伝えるのにぴったりですが、毎年同じような物を送ってしまっているという人も少なくありません。

母親に感謝の気持ちを伝えたいけれど、毎年同じような物を送ってしまっているという人は、気持ちのこもった母親への誕生日プレゼントとはどのような物かもう一度考えてみましょう。喜んでもらえるプレゼントと言われて、高価な物を思い浮かべる人がいます。

確かに、高価な物は普段プレゼントする機会がなく贈り物に適していますが、高価な物すべてに気持ちがこもっているわけではありません。ただ、高価な物を贈ってしまうと相手が申し訳ないという気持ちになってしまう事もあります。特に母親は金銭面の事を心配しているので、あまりにも高価なプレゼントを贈ってしまうと心配させてしまう事もあります。

高価な誕生日プレゼントに気持ちを込める為には、手書きのメッセージを添えるのがおすすめです。どのような思いでそのプレゼントを選んだのかという事や、プレゼントを渡しただけでは伝える事ができない感謝の気持ちを伝える事ができます。言葉で気持ちを伝える事が恥ずかしいという人や苦手だという人でも実践しやすいので、高価なプレゼントを贈る際には手書きのメッセージを添えてみましょう。手作りのプレゼントも気持ちがこもった贈り物になります。

プレゼントは購入するものだというイメージを持つ人は多いですが、時間をかけて手作りした物にも気持ちはこもっています。お菓子や雑貨など手作りできる物がたくさんある事に加えて、自分らしいアレンジをする事もできます。時間をかけて手作りした贈り物は購入した物とは違う温かみがあるので、まだ手作りのプレゼントを贈った事が無い人は挑戦してみましょう。

母親への誕生日プレゼントはただ渡すだけではなく、気持ちを伝えるという事も必要になります。気持ちのこもった誕生日プレゼントにする為に、様々な工夫をしてみましょう。

美容家電はプレゼントにもぴったり!

プレゼントは選ぶのが難しく頭を悩ます問題です。好みがわかってればいいけど、気に入ってもらえるか全然わかりません。喜んでもらえるためには、相手にぴったりのプレゼントを贈らなければいけません。

無難なものやたくさんあっても困らないものを贈ることも一つの手ですが、ちょっと物足りないと感じる恐れがあります。不特定多数なら、消耗品もありですが、特別な相手にはぴったりのプレゼントを贈りたいはずです。

美容家電は意外性もあり、もらってうれしいプレゼントの一つです。美容家電は欲しいと思っても自分では買わないという人がほとんどです。美容には関心があっても、なんとなく手が出ないというのが現状です。

中には美容家電でどれほどの効果があるかわからないというケースもあります。贈る側もよくわかりません。美容家電にもいくつかありますが、最近はスチーム美顔器が人気です。

細かい蒸気で毛穴を開き、肌の奥の汚れを落とすため、くすみやシミの原因を取り除きます。クレンジングやマッサージの効果を高めます。場所も取らずに使い方も簡単です。他にもハンドタイプの美顔器も効果を実感しやすい美容家電の一つです。

ヘッドにクリームをつけて肌にしみこませることができます。ただ手で塗るだけよりも浸透します。クリームは水溶性のクリームであれば、手持ちのものが使えます。コンパクトで言えば、電気睫毛ビューラーもプレゼントに向いています。ビューラーはだれでも持っていても、電気製は持っていません。

熱が加わるため睫毛をしっかり固定できます。電池式なので電気代はわずかです。ほとんどの人にとって美容家電は、あったらうれしいけど持っていない家電です。念のため、プレゼントを買う前にそれとなく持っているかどうか聞いてみましょう。

欲しい美容家電を遠回しに聞くことも参考になります。女性ならだれでも美しくなることに関心がありますから、きっと喜んでもらえるにちがいありません。