70歳を祝う長寿の祝い方

投稿者: | 2017年12月11日

「古希」とは長寿のお祝いのひとつであり、70歳で行なわれます。

古希の由来は中国の唐の時代に生きた詩人、杜甫がつくった詩の一節にある「人生七十古来稀なり」からだといわれています。

還暦祝いの次に行なわれる古希祝いは本来なら数え年で祝うものですが、現在では満年齢で祝うことが多いです。

理由は現代の文化による影響が大きいからですが、長寿のお祝いは特に決まった日に行なわれると定められていないので問題はありません。

還暦よりも本格的に祝うべきだと考えられているせいか、誕生日や敬老の日など人が集まりやすい日に選ばれるのが一般的です。

70歳古希祝いの方法は?

そんな古希の祝い方はそれぞれで異なりますが、大まかに分けると4つに分類できます。

古希の祝い方その1

1つ目の祝い方は自宅で御馳走をつくって祝うこと。

メリットは単純で、身内のお祝いを落ち着いて感じられることです。他人が介入しては気遣う必要がありますが、この場合はその心配は無用です。

古希の祝い方その2

2つ目の祝い方はレストランといった場所を会場にして食事会を楽しむこと。

この祝い方のメリットは特別な料理をつくる手間が省けることです。

また個室を予約したり貸し切りの状態にすれば、先述した1つ目の祝い方のように楽しい雰囲気を堪能できます。しかし祝い方は食事ばかりではありません。

古希の祝い方その3

3つ目の祝い方は温泉旅館など遠方へ出かけること。つまり旅行です。

このメリットには特別な食事ができることも含まれていますが、最大のメリットは思い出作りです。

特に70歳の人にとって子供や孫をともなった旅行は好評であるため、旅館によっては古希祝いのためのプランを用意しているところもあります。

古希の祝い方その4

そして4つ目の祝い方はプレゼントです。

今までの祝い方と比較するとシンプルですが、古希祝いのプレゼントとなればその種類は充実しています。

紫色のグラスや衣服、オーダメイドの詩が書かれたイラスト、名前入りの茶碗や湯呑み、カタログギフトなど様々です。

なお紫色は古希のシンボルカラーなので、プレゼントのカラーでよく選ばれています。

 

出典:古希のお祝い屋