還暦のプレゼントに最適なシャンパン

投稿者: | 2018年3月14日

身近な人がそろそろ還暦を迎えるという時に、何をお祝いで渡せば良いだろうかと悩むことはありませんか。その人との関係性によっても渡す内容は変わってきます。

相手が何が好きか、どんなものを貰うと喜ぶかというのを事前によく知っていれば、ほとんど悩むことなくお祝いの品を選ぶことができます。

しかし、そうではない場合も多いのではないでしょうか。そこで無難に花を贈ったり、選べるギフトカタログを贈ったりしてしまうのも何だか味気ないものです。

還暦のプレゼントにシャンパンが好まれる理由

もし、相手がお酒を飲む人だという情報さえ手に入れているのであれば、お洒落にシャンパンなんて贈ってみませんか。

皆さんはお祝いにはシャンパンが好まれることが多いというのをご存知ですか。また、なぜ好まれるのかという理由を聞いたことはありますか。

元々の始まりは発祥国であるフランスの国王が祝いの席で飲んだことがきっかけで、結婚式や誕生日など様々な祝いの席でのお酒として好まれるようになり今に至ります。

シャンパンをグラスに注いだ時の泡は、花や星のような形をしているように見えるので華やかさを感じることが出来ます。

ただ花束だけを贈るよりも、一緒に贈った方がより華やかで素敵に輝いて見えます。ですので還暦という節目であり、折角の祝うべき記念日です。

記念になるように、ボトルに名入れができるものやヴィンテージもの、その方の生まれた年のものなど思い出に残る1本を選び贈るというのはいかがでしょうか。

最近では還暦祝いのセットとして、化粧箱つきで名前と日付を刻印したグラスとボトルのセットや、赤いちゃんちゃんこがついているものなども販売されています。

様々な種類があるシャンパン

シャンパンには、ワインと同様にいくつもの種類があります。

代表的なものとして挙げますと、甘口のドゥ、中辛のセック、辛口のエクストラ・ブリュットなどがあります。

チーズやシーフードなど食事に合う王道と呼ばれているモエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアルや、イギリスの王室のウィリアム皇子とキャサリン妃の結婚後のレセプションで使われたオル・ロジェブリュット・レゼルブなども有名です。

ポル・ロジェというのは優雅、エレガントなどの形容詞が正に合うシャンパーニュです。

贈る側があまり詳しくないという場合は、こういった有名なものや王道と呼ばれるものを選んでみるというのも良いと思います。

シャンパンと言うと少しハードルが高い贈り物のように思う人も少なからずいるでしょう。

ですが、前述したように有名な一品や王道のもの、そして還暦のギフトセットなどもあります。

ですので、自分の予算に合った満足のいく形で贈ることができますし、沢山の種類があるので相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶことが出来ます。

甘口、中辛、辛口と味の違いはありますが、相手はどのタイミングで飲むだろうか、甘いお酒は飲んでいただろうかなど、お祝いの品を贈る前に今一度相手のことを考えられる良い機会になるのではないでしょうか。

参考記事→還暦祝いにおしゃれなワインはいかがでしょうか?おすすめのワインやシャンパンの魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です