還暦のプレゼントをする時のおすすめのハンカチ柄

投稿者: | 2018年4月9日

還暦のプレゼントを贈るときに、実際に何を贈っていいのか非常に迷うことがあります。このような場合ハンカチであれば、男女問わずに使うことが出来るため非常に便利です。

「ハンカチ程度のものでいいのか、もっと高価な方が」と思う方もいるかも知れませんが、選び方次第では非常に喜ばれることになり、還暦祝いには最適なものになることもあります。

柄は?

しかしながら、実際に贈るとなれば、どんな柄がいいのでしょうか。迷ってしまい好みもわからない場合は基本的にはシンプルなものが一番です。

男女問わず出来るだけ、落ち着いた色合いのものにして、ワンポイント程度の柄が入ってるものが万人受けされますし、さまざまな場面でも気兼ねなく使うことが出来ます。

もらった側も、せっかくもらったプレゼントがあまりにも派手で個性が強すぎて使いづらいと感じて残念な気持ちになってしまう場合もあるため、出来るだけシンプルなものを選ぶとよいでしょう。

選び方は?

では、実際の選び方ですが、相手が男性であれば紺色など、女性であれば白や薄いピンク、トーンで言えばペールトーンのような淡いトーンで普段使い出来るものがよく、贈る相手のイニシャルや名前などを刺繍して贈るとなお良いでしょう。

「還暦といえば赤」というイメージがあり、還暦祝いに赤色のものを贈ると良いのは事実ではありますが、ハンカチのようなもので赤という奇抜なものを選んでしまうとせっかく貰ったものも使えないということになってしまいます。

赤色のものを選びたいというのであれば下着などにしてハンカチは使いやすいものにしてあげましょう。もしも相手の好みを知っているのであれば、相手の好みの柄を選ぶのが良いでしょう。

事前のリサーチも大事

しかしながら、花柄が好きだからと言ってすべての花柄が好みということでもありません。

派手な花柄もあれば、控えめなもの、大きな花柄やワンポイント程度の小さな花柄もあり、挙げればキリがないほど花柄といってもたくさんの種類があります。

可能なのであれば、贈る相手がいつもどんなものを使っているのかを事前にリサーチしておけば、相手が喜ぶ柄が選びやすくなります。

また、購入する際に贈答用としてきれいにラッピングしてくれることもあるので、一度お店側に確認した方が良いでしょう。

メッセージカードや手紙を添えて

プレゼントと一緒に還暦のお祝いの一言を添えたメッセージや日ごろの感謝の気持ち、そしていつまでも元気でいて貰いたいという願いを込めたメッセージカードや手紙を添えることで喜んでもらえ、自分自身の気持ちも伝えやすくなり非常に良いでしょう。

このように選ぶにあたって注意点や選び方は色々ありますが、この時にめんどくさいと思うのはよくありません。

やはり日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちやこれからも元気でいてほしいという気持ちを込めてプレゼントを選ぶことが大事です。

めんどくさい気持ちで適当に選んでしまうと、良いものを選ぶことは出来ず、仮に良いものだったとしてもめんどくさいという気持ちが出てしまいます。

しっかりと気持ちを込めて使いやすいハンカチを選んであげましょう。

こちらの関連記事もおすすめです ↓↓↓

還暦のプレゼントをする時のおすすめのハンカチ柄とは?柄の選び方や意識するポイント