70歳の古希のお祝いの贈り物に良いものは

投稿者: | 2017年12月11日

世界には、各国の歴史の中で人生の節目にお祝いをする行事が、いくつか用意されていることが多くあります。

日本においても七五三や成人のお祝い、還暦のお祝いなど、節目によってそれぞれの意味を持たせ、お祝いすることが伝統的に行われてきました。

その伝統は今でも残り、家族や周囲の親しい関係からお祝いされています。

しかし、還暦まではお祝いされることが多いものの、70歳を迎える古希からの長寿のお祝いは、場合によっては行われないこともあります。

しかし、人生の中でそうたくさんこのようなチャンスがあるわけでもないのですから、ぜひ身内や周囲の方たちは、盛大にお祝いをしたいところです。

ところが、70歳ともなると何を贈れば喜ばれるものなのか、なかなか見当がつかないことが多くあります。

そのようなときは、どのようなものが良く贈られているのかを知ると、良いヒントになります。

古希祝いに特別な時計を

古希のお祝いで最近人気のある贈り物に、オリジナルの似顔絵を入れた時計などがあります。

似顔絵だけではなく、メッセージも添えられるのが特徴です。

ポイントになるのは、単なる似顔絵やメッセージではなく、日常的に使用したり、目についたりするものであることです。

そのことでいつも存在を意識してもらえ、思いが伝わることになるからです。

実際のところ、何を贈れば良いかという決まりはありません。重要なのは、思いがこもっていることです。

古希祝いには紺や紫のカラーを取り入れよう

また、赤色のちゃんちゃんこを還暦のお祝いに着ることは有名ですが、長寿のお祝いにはそれぞれに相応した色があります。

古希では紺や紫がそれに当たりますので、もしも余裕があれば、取り入れるのも良いでしょう。

贈り物によって難しい場合は、包装やリボンなどに使用しても良いでしょう。

色々と考えたり調べたりしても、どうしても良いものが決まらない場合は、カタログギフトを利用することも良い手段です。

そこに今までの感謝や長寿のお祝いの言葉を添えるだけで、充分に喜んでもらえるでしょう。

 

出典:古希のお祝い屋