新潟県長岡市の酒蔵の特徴

投稿者: | 2017年12月11日

日本酒の名産地は全国各地にありますが、そのうちの一つは米どころ新潟県長岡市です。

いい日本酒はいい米から作られます。そのため、長岡市の酒造では酒米づくりからこだわっています。

酒米の品質向上をすると共に、新しい酒米の栽培・研究を重ね、酒造りをしています。

そして酒米づくりをするため、周りの農家と協力して自然環境の保全もしています。

また、酒造りには仕込み水も重要です。長岡市の酒蔵では雑味のない軟水を使うことによりまろやかな口当たりに仕上げています。

そしてもう一つ酒造りに重要なのは職人の技です。酒造りは毎日変化する温度、湿度を考えながら進めていかなくてはいけません。

それは知識だけでなく、長年の経験が必要になります。

酒蔵では経験を積んだ杜氏と共に酒造りをして、飽きのこないスッキリとした味の日本酒を作っています。

このように新潟県長岡市の酒蔵の特徴は、米作りから始まり、こだわりの仕込み水と職人技でスッキリとした味の日本酒を作っていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です