傘寿のお祝いを家族で一緒に祝う食事会

投稿者: | 2018年9月6日

家族

80歳のお祝いである傘寿を家族みんなでお祝いするのが理想的であると言えます。

プレゼントなどもあくまでも食事会の中で行うことでより効果が出ます。

プレゼントだけを贈っても喜んではくれるものの、食事会でもらうのとでは意味合いが全く異なります。

その一方、傘寿のお祝いをいつ、どこで行うのかは大事です。

そもそも誰が音頭をとって食事会の準備をするのかや傘寿のお祝いに即した食事会というのはどのように計画を立てればいいのかも必要です。

これまでの節目で食事会をやってきたならまだしも、傘寿のお祝いが初めてという場合には今一度の確認が求められます。

食事会は外で行うのが基本

刺身

傘寿のお祝いとして食事会を行う場合、たいていのケースでは外で行うのが一般的です。

家で行うことが悪いというわけではないですが、家だと実家で行う可能性が高く、本来祝ってもらう側のおばあちゃんが準備に奔走することになってしまいます。

ですので、結果落ち着いてお祝いを受けるようなことにはなりにくいですよね。

また、自分の子供の家族も参加することになれば、そこにも気を遣うことになってしまうので、家で行うよりも外で行った方がいいです。

ただ、足が悪いなどなかなか長時間にわたって外に連れ出すのは大変など、ケースバイケースで対応していくことが求められます。

配慮が大事

バリアフリー

外で食事会を行うとなれば、次に配慮すべきことは80歳の人でも楽しめる食事会かどうかです。

おいしいお店は数多くありますが、例えばステーキのおいしいお店があってそこで食事会をしようにも、80歳の胃袋には厳しいことはよくわかります。

そうではなく、80歳の人でも堪能できるようなおいしいお店を選ぶことが幹事に求められています。

もちろん、これまでに家族で何度も通っていたお店で食事会をするというのであれば、たとえそれがステーキであってもそこまで問題ではなく、お店側と相談して食べやすくしてもらうこともできます。

いずれにしても、配慮を見せて店選びをすることが非常に重要なことは間違いありません。

特に80歳にもなると何かしらの制限が出てくるのが普通です。

例えば、食事制限を受けるとか薬の関係でこれが食べられないなどのことがあります。

サプライズで仕掛ける場合には難しいですが、事前にこうしたお祝いをしたいというのを伝えて、食べられないものなどをリサーチしてから店選びをするのもおすすめです。

これなら間違いはなく、どこで食事会をしたいかという要望も聞くことができます。

足が悪ければバリアフリーのお店を選ぶ、掘りごたつのような形式のお店を選び負担を最小限にするなど、やるべきことはたくさんあり、負担をかけない努力が必要です。

食事会を開催する時期

カレンダー

次に開催時期などですが、セオリーは大型連休やお盆休みとなります。

ただ、集まれる人たちが近隣に住む人たちだけという場合にはそこにこだわる必要はありません。

80歳の誕生日に行うのが一番シンプルですが、集まれない可能性が高いので可能な限り誕生日に近いタイミングで行うのが一番です。

それが大型連休やお盆休みに近ければなおのこといいです。

できるだけ多くの人に祝ってもらうことがすばらしく、自分のためにこれだけの人が集まってくれたという姿を見られることが、傘寿を迎えた人にとっては最高のプレゼントと言えるからです。

事前の準備は念入りに

あとはサプライズをどう仕掛けていくかですが、これはお店との段取りをしっかりと立てる必要があります。

サプライズといっても急にプレゼントを出す程度ですが、それまでほしかったものを店員さんに持ってきてもらうとか、特別サービスで傘寿の人が喜ぶようなものを提供してもらうようなことも必要です。

ただそれはアドリブでできることではなく、予約を行う段階で打ち合わせをしておかないといけません。

その日になって突発的に行おうと思っても、やれることには限界があります。

なので、そうならないように事前に話を通しておいて、できることとできないことを見極めることも必要です。

おすすめは「80年を振り返れるようなプレゼント」

シニア夫婦 アルバム

あくまでも傘寿のお祝いであり、メインとなるのは80歳になったおじいちゃんやおばあちゃんです。

なので、できるだけ明るい話題をすることや暗くなるようなことは言わないようにするのが一番です。

そのためにはちょっとしたゲームなどを行って盛り上がるのもいいですが、これまでの80年を振り返るようなものをプレゼントするのもおすすめです。

80年前の新聞に包まれたお酒などを渡したり、これまでのアルバムをうまく編集して渡すこともいいでしょう。

いずれにしても、大切な思い出をより大事に扱っていくことで感謝の気持ちが伝えられます。

まとめ

これらの食事会は良きタイミングで行っていくことが大事ですが、何といっても本人たちの意思を確認することが求められます。

大々的に傘寿のお祝いはしなくていいという場合には、プレゼントという形で労をねぎらうようなことでもいいです。

お祝いをしなければならないと前のめりになってしまうことは仕方ないものの、お祝いをされる側の意向は知っておくべきです。

 

参考の記事→80歳をお祝いする傘寿|意味や由来、お祝いする方法、傘寿祝いのプレゼントの選び方